人気の記事
上位表示される記事の書き方マニュアル

記事を書いても上位表示されない
その原因として3つ挙げられます。

  • 競合が多いキーワードを選んでいる
  • 記事の内容が薄い
  • 記事の見せ方が悪い

今回は記事の内容が薄い場合の改善策について紹介します。

最低でも3000文字は書くべきは本当?

3000文字書くべきというのは、3000文字書いたら上位表示させるというものではありません。

しかし、ユーザーが必要な情報をある程度網羅するには3000文字は必要というのは一理あります。
そして3000文字をしっかり読んでもらうと滞在時間も長くなります。そうする事で、Googleからの評価が高くなるからという理由も含まれています。

内容によっては2000文字でも十分な事だってあります。文字数にこだわり、だらだらと文章を増やしても読者にはメリットがありませんので辞めましょう。

スポンサーリンク

起承転結は不要!結論から書く理由

ブログは結論から述べるべきです。なぜならユーザーは1つのページをじっくり読むより、複数ページをさらっと読む傾向があります。

 さらっと読んだ時に目に入るのが結論なのか、序章なのかにより続きを読むか判断されます。
転職をするには最低限5つのサイトに登録すべきです。なぜなら、それぞれのサイトに特徴があるからです。これから紹介する5つのサイトに登録しておけば企業の重複も少なく、幅広い視野で転職を検討出来ます!
転職サイトは有名どころでも20社はあります。20社全てに登録するのは大変ですよね。そんなに登録しても公開されている求人は大きく変わりません。なぜなら求人を出している企業は慢性的に人不足という問題を抱えております。さらに、人不足で業務が集中して残業が多くなりワークライフバランスが崩れます。そうすると今いるスタッフも転職潜在層になってしまいます。この記事では最低限5つのサイトに登録するべき理由とそれぞれのサイトの違いについて説明します。

比較してわかるように、結論から書いてあると詳細が気になり読んでもらえるきっかけとなります。
しかし、起承転結で書くと序盤については他のサイトで十分理解してるというユーザーには鬱陶しいですよね。

読者が面倒に感じると離脱の要因となってしまいます。
結論から書くこと&記事の装飾もするとなお良いです!

読者が「次にor他に」知りたい情報は何か?

 検索されるワードは読者の質問です。それに対して的確な答えを出す事がGoogleのミッションになります。
Aについて調べている人が他に知りたい事は何でしょうか?Aを使用した感想や似た商品のBについてかもしれません。
そのような読者の思考を先回りして記事を書けると、回遊率も高くなり直帰率が下がります!

1度来てくれたユーザーを離さず、知りたいことを全て提供できるサイトであれば上位表示されるのも近いですね!

記事の内容に困った時の対処法

いくら考えても内容が膨らまない場合には2つの対処法があります。

  • 他のサイトを参考にする
  • TwitterやYahoo!知恵袋で検索してみる

他のサイトを参考にして丸パクリは厳禁ですが、上位表示されているサイトを参考に記事を膨らますのは有効な手段です。
そこにはあなたなりの考えや調査結果などを入れることが大切になります。

TwitterやYahoo!知恵袋で検索してみるのも有効です。この2つはユーザーのリアルな声が載っています。
商品の口コミや不満、疑問点などを集めて回答するのは良い手法です!

記事への埋め込みも出来るので、活用の仕方によっては信頼度もUPします。

まとめ

ブロガーは読者の検索意図に回答する事が仕事です。
メーカーでは出来ない他社との比較や使ってみたレビューなども、記事によっては有効となります。

キーワードの選び方や記事の見せ方についても別の記事で紹介しています。

スポンサーリンク
初心者でも上級者でも満足できるWordpressテーマ「Diver」

このブログのテーマは「Diver」です。これからブログを始める人は間違いなく長く愛用できるテーマです!他のテーマから変更をしたい中級者の方にも満足頂けるでしょう。私も別のテーマから移行しました。実際に使ってみると実感できると思いますが、デザインやレイアウトに関する悩みはなくなりました。操作性も抜群でもう他のテーマに変更は出来ません!

おすすめの記事