人気の記事
上位表示される記事の見せ方マニュアル

記事を書いても上位表示されない
その原因として3つ挙げられます。

  • 競合が多い
  • 記事の内容が薄い
  • 記事の見せ方が悪い

今回は記事の見せ方が悪い場合の改善策について紹介します。

記事の見せ方は重要!

上位表示される為には記事の内容だけでなく、滞在時間・直帰率・ページビュー数が重要になります!

その指標を改善するには記事の見せ方が重要になります。
記事の見せ方といっても、起承転結や結論から書くといったライティングスキルについては今回触れません。

読者に滞在・回遊してもらう記事の見せ方の工夫になります!

  • 求める情報を早く提供する
  • 次に必要な情報を提示する
  • それらをしっかりキャッチしてもらう工夫

が必要となります。

読者に滞在してもらうことが重要なのは、アナリティクスの指標を見てもわかります。

アナリティクスには滞在時間・直帰率・ページビュー数という項目があり、これらは重要な指標となります!

記事は最低でも3000文字は書きましょう、というような解説もありますが、ただ長ければ良いというものではありません。

そこにユーザーが求める情報があることが大切です。さらに、次に知りたい情報を提供することでユーザーの満足度を高めます。

今回は検索などから流入したユーザーにを逃さない記事の書き方について紹介します!

まずは、見出しにキーワードを入れる、メタディスクリプションを入れる、といった基本的なことから解説します。

スポンサーリンク

見出しにキーワードを入れる

見出しにはh1,h2,h3,h4とタグを入れる必要があります。詳しくはこの記事では説明しませんが、記事のタイトルはh1となり、各記事の目次としてh2,h3,h4タグを使用します。

タグが入っているところはGoogleのクローラー(記事の内容を分析するロボット)にも注目されます。

クローラーはこの記事にはAという内容が書いてあるから、Aについて検索された時に検索結果に表示しよう、と決めています。

Googleの技術は日々進化していますので、見出しの内容と記事の内容が一致していない場合などは上位表示もされにくいでしょう。

見出し前後の文章に力を入れる

見出しがあると読者は注目します。つまりその前後は読んでもらえる確率が高いのです。

見出しで手を止めて、本文を読むからです。

ライティングについて書かれた記事を読むと、ブログは結論から書きましょうと解説されているのはその為です!

注目してほしいポイントは装飾を!

ユーザーは見出しで手を止めて前後を読み、またスクロールをします。

そのため、本文で注目してほしいポイントは装飾しておくと良いです!

例えば

枠で囲ったり

ともにゃん
会話風にしたり

マーカーを引いたりする事が重要になります。

1人1台スマホを持つ時代になり、情報も溢れています。

その為、何かを検索した時には1つのサイトだけをじっくり見て決めるのではなく、複数サイトを流し読みして比較する人の方が多くなりました。

そうなると文字ばかり羅列されていては読みにくい為、重要なポイントを装飾する事が大切になります!

内部リンクでさらに記事を強めていく

サイトを上位表示する為の対策として、内部リンクでしっかり誘導することも重要です。

Aについて調べ流入してきたユーザーに、Aとよく比較されるBという商品について紹介すると読まれる確率は高くなります。

Aについてしか書いてなければ、Bのことを知りたい時に離脱され他のサイトに行ってしまいます。

内部リンクで読者を誘導して、必要だと思われる記事を先取りして紹介しましょう!

メタディスクリプションを入れる

メタディスクリプションとは検索した際に出てくるこの部分になります。

ユーザーはタイトルとメタディスクリプションでクリックするかどうかを判断します。

その為、ここの設定は重要なものになります。

まとめ

記事の書き方について触れてる記事は多いですが、見せ方についての解説は少ないです。

トップアフィリエイターなら感覚的に当たり前にやっていることですが、初心者は記事を書くことに集中しておそろかになりがちです。

書いた記事は必ずスマホで確認して、流し読みしても内容が掴めるのか確認しましょう!

スポンサーリンク
初心者でも上級者でも満足できるWordpressテーマ「Diver」

このブログのテーマは「Diver」です。これからブログを始める人は間違いなく長く愛用できるテーマです!他のテーマから変更をしたい中級者の方にも満足頂けるでしょう。私も別のテーマから移行しました。実際に使ってみると実感できると思いますが、デザインやレイアウトに関する悩みはなくなりました。操作性も抜群でもう他のテーマに変更は出来ません!

おすすめの記事