人気の記事
【失敗しない為に】初心者がワードプレステーマを購入する際の注意点7つ
 初めてのテーマ購入は失敗する事が多いです!

ひろにゃん
無料のテーマを使っているけど、他のブログを見てたらもっと素敵なデザインにしたくなってきたなぁ・・

ともにゃん
無料のテーマでもCSSをいじって外観を変更できるけど、初心者には難しいよね。そんな時は有料のワードプレステーマを検討してみるといいよ!

初めてテーマを購入する方は、購入してから気づくことがたくさんあります。この記事では初めて有料テーマを購入する人が後悔しないためにチェックするポイントをまとめました。

アフィリエイトブロガーがチェックする7つのポイント

  • プラグインを最小限にできるか?
  • 複数サイトで使えるか?
  • LP機能があるか?
  • クラシックエディターに対応してるか?
  • CTAを選択できるか?
  • カテゴリーページを作れるか?
  • 装飾のカラー設定は自由にできるか?

順に解説していきます。

プラグインを最小限にできるか?


 インストールするプラグインは10個程度が理想

プラグインをたくさんインストールすると動作が重くなります。インストールするのも当然手間がかかります。
なるべく少ないのが理想ですが、テーマ側では設定出来ない項目をプラグインで補うので0というわけにはいきません。

例えばAll in One SEO Packを入れてメタディスクリプションを設定するテーマは多いです。
このような最低限必要なプラグインが何かを調べておく必要があります。

「テーマ名+プラグイン」で検索するとユーザーの多いテーマであれば、おすすめのプラグインリストが出てきます。
私が使用しているDiverでは最低8つと少ないプラグインで済みますので初心者でも扱いやすいです。

何よりも設定が面倒なAll in One SEO Pack不要なのが嬉しい!

スポンサーリンク

複数サイトで使えるか?


 1アカウント1インストールのテーマは避けよう

多くのテーマでは1アカウントで複数サイトにインストールが可能です。
しかし、テーマによっては1アカウント1インストールと制限されているものもあります。

初心者ブロガーは1サイトしかないからと気にしない人がいます。
1サイトで満足いくブログが作れて、そのサイトをずっと運営する人は少ないです。

最初のサイトが上手くいってもそうでなくても、必ず2~3サイトと増えていきます!
どう考えても複数サイトで使えるテーマの方がコスパが良いです。

LP機能があるか?


 LP機能が無いものは購入しない

ブログアフィリエイトに必要な機能にLP(ランディングページ)機能があります。
ランディングページとは商品購入を促す為の重要なページです!

LPにはサイドバーなど余計なものが無く、導線は縦スクロールのみ。内容に集中出来る設計になっています。
この機能が無く通常の記事フォーマットで作成すると、サイドバーから別のページに離脱したりと購入率が低くなる傾向にあります。

ランディングページは固定ページで作るのが基本なので、今後のことを考えて確認しておきましょう!

クラシックエディタに対応してるか?


 効率良く投稿するにはクラシックエディタが必須

現在ワードプレスでは基本の投稿ツールがグーテンベルクというブロックエディタです。

しかし、グーテンベルクは操作性に難ありです。
私も慣れようと思い何度かチャレンジしましたが、見事に挫折しました!

クラシックエディタが使えるうちは使おうと思い、プラグインをインストールして使ってます!
テーマを選ぶ際はクラシックエディタ・グーテンベルクの両方に対応しているかの確認は必須となります!

CTAを選択できるか?


 CTAの選択は必須機能!

収益化を考えているなら、記事下にCTAを入れることは必須です!

  • メルマガ登録
  • 無料オファー
  • Line登録誘導
  • LPへの誘導

サイトによって複数必要なケースがあります。
CTAを複数作れて記事毎に選択出来るのがベストです!

カテゴリーページを作れるか?


 カテゴリーページは集客の重要なツール

カテゴリーページが自由に設定出来ないテーマは多いです。
カテゴリーページは重要な集客ページです。しかし、私も以前使っていたテーマでは設定が出来ませんでした。

当ブログではカテゴリーページにもキーワードを入れてSEO対策を行なっております。
見落としがちなポイントですが、購入時にはチェックする事をオススメします!

装飾のカラー設定は自由にできるか?


 カラー設定が選択式のテーマは多い!

囲い枠やアイコンなど、装飾ツールが豊富なテーマは多くあります。
いざ使ってみるとデフォルトで決められたカラーしか使えないケースも多くあります。

カラーの統一はブランディング戦略の1つです。
ユーザーにも信頼を与える重要なポイントとなります。

まとめ

これまで紹介した機能が揃っているのはDiverです!

初心者が条件を全てクリアしているテーマを見つけるのは大変です。
テーマの販売ページはどれも魅力的なので、しっかりとした基準を持って選ばないと買ってから後悔してしまいます!

私が2年半ブログをやってきて無料テーマ、有料テーマどちらも使ってきた結果、たどり着いたのはDiverです!
気になる方はこちらの記事も読んでみて下さい。

スポンサーリンク
初心者でも上級者でも満足できるWordpressテーマ「Diver」

このブログのテーマは「Diver」です。これからブログを始める人は間違いなく長く愛用できるテーマです!他のテーマから変更をしたい中級者の方にも満足頂けるでしょう。私も別のテーマから移行しました。実際に使ってみると実感できると思いますが、デザインやレイアウトに関する悩みはなくなりました。操作性も抜群でもう他のテーマに変更は出来ません!

おすすめの記事